Loading...

資料請求

お問い合わせ

NEWS

Y様邸 気密検査を実施しました。

2022.11.27

woodplusです。

先日、Y様邸の気密測定をしました。

気密性能は省エネを実現させるための高性能住宅を造るにあたって絶対に必要な項目です。弊社では気密性能を高めるために寸法誤算の少ない建材を使用し施工基準に則り施工をすることで、すべての物件の気密性を表すC値を0.5以下にしています。

施工中の気密測定は棟上げが終わり、内部の断熱や窓等開口部の取り付け作業が終わった段階で行います。そして気密測定日は、自信はあるもののスタッフも大工さんもどれくらいの数値がでるのか、毎回ドキドキする瞬間でもあります。

気密測定は専門の外部業者が行います。
Y様も測定風景に興味深々

この日はY様も見学に来られて一緒に測定を見守りました。Y様も初めてみる測定現場に興味深々で、家づくりの記録と記念に・・・と写真を撮っておられました。

今回のY様の注文住宅はスミカの第1種換気を採用しているため、woodplus初の基礎断熱工法で施工しています。

基礎断熱は床下空間も含めて家全体を断熱材で覆うので、断熱性・気密性が高いことがメリットです。基礎から断熱して床下空間も温度をコントロールするので、床断熱工法に比べて床まで冷気が届きにくく、より断熱性・気密性が高くなります。

C値:0.1

気になる測定結果は気密を表すC値が0.1ととても良い結果となりました。Y様にも安心していただき、喜んでいただきました。期待していた気密測定数値ができたので、スタッフも大工さんもひとまずホッとしました。

工事はこれから本格的に内装工事に移ります。お引渡しまで、まだまだ色々な工程を残していますが、1つ1つ丁寧に仕上げていきたいと思います。



高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・

狭小地や奥行きのある土地で家を検討中・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォームEdit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください