Loading...

NEWS

◆窓の種類と機能①■注文住宅お役立ちコラム(16)

2019.09.06

大阪府高槻市・茨木市を中心とした自然素材の注文住宅のwoodplusです。

ぼちぼちクーラーをつけずに過ごせるかな、と思っていましたが

あっさりと午前中から始動…

 

我慢をして体調を崩すより、身体に素直な生活をしていきます。

 


窓の種類と機能①

 

 

以前ブログの中で、家の窓の

「サッシ」と「ガラス」についてお伝えしましたが、

窓は形状によって使われ方も異なってきます。

 

 

<デザイン・形状>

窓のデザインや形状は、数多くあります。

窓のデザインや形状を選ぶ際には、デザイン性だけでなく、

空間に適した開閉方法かどうかや、開閉操作の使い勝手、

手入れ方法なども確認しておくことが大切です。

 

また、外からと室内側から両面からの

見え方を検討しておくことも大切です。

 

デザインや形状ごとにメリット・デメリットが存在します。

 

 

・引き違い窓

よく目にする開閉方式で、2枚以上の戸を溝やレールにはめ、

横方向に開閉する、障子や襖と同じ構造です。

ガラス戸、網戸など、複数の建具を重ねることが可能で、

空間の間仕切りにも使えます。

 

メリット: 窓回りをデザインする自由度が高い。

開閉の度合いを調節しやすい。

 

デメリット:外側のガラス面が掃除しにくい。

 

 

 

・上げ下げ窓

引き違い窓を縦型にしたような形の窓で、

2枚の戸を上下にスライドさせて開閉します。

 

外部から侵入することが難しい構造で、防犯性に優れる反面、

やや開閉しにくい作りでもあります。

また、窓の重量を考慮して設計しなければいけません。

 

メリット: 防犯性に優れる。

2枚とも稼動するタイプの場合、通気性が高い。

 

デメリット:窓の開け閉めがしにくい。

外側の面が掃除しにくい。

 

 

 

・縦すべり出し窓

ビジネスホテルなどでよく見かけるタイプで、

窓枠の上下に溝がついていて、この溝に沿わせて戸を押し出す形状です。

 

曇りガラスと組み合わせると、少し空いただけでは外から見えないので、

目隠し効果が高く、トイレなどに効果的です。

また、ストッパーを外せば戸が90度開き、外側の面にも手が届くため、

掃除のときに便利です。

 

メリット: 曇りガラスなどと組み合わせれば外から見えにくい。

外の風を室内に取り込みやすい。

外面の掃除がしやすい。

 

デメリット:開放時に雨が降ると、室内側の面も濡れる。

 

 

 

・横すべり出し窓

縦すべり出し窓を90度回転させた形状で、縦すべり出し窓と違い、

開放時にも雨が入っきにくいです。反面通気性能は縦すべりに劣ります。

 

メリット: 曇りガラスなどと組み合わせれば外から見えにくい。

開放時に雨が降っても、すぐには入ってこない。

 

デメリット:風通しは縦すべり出し窓の方が効率的。

 

 

 

・内倒し窓

水周りの換気用として使われることが多い窓で、

上部を倒して内側に開くタイプです。

曇りガラスなどを使えば、開いたときも外から見えません。

一方、開放時に雨が室内に降り込みやすいことや、

カーテンなどが取り付けられないことが難点です。

 

メリット: 曇りガラスなどと組み合わせれば外から見えない。

室外のスペースを気にせず設置できる。

 

デメリット:開放時に雨が室内に降り込みやすい。

カーテンやブラインドが取り付けられない。

 

 

 

・外倒し窓

火災時の排煙窓として設置されることが多く、

煙を外へ逃がすことに適した作りで、

飲食店の厨房や公共施設などにも使われています。

住宅では、高所での採光や換気に向いています。

 

しかし開放時に雨が降ると、

流れ込むようにして雨が入ってくるので注意が必要です。

 

メリット: 排煙に適している。

曇りガラスなどを使うことで外から見えない。

 

デメリット:開いているときに雨が降ると、室内に流れ込んでくる。

 

 

・・・次回に続きます。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム