Loading...

NEWS

カテゴリー:注文住宅コラム

★犬と暮らす家(その1) ■注文住宅コラム 

2020.01.21

woodplusです。

昨日は大寒でしたが、暖かかったですね。

やはり地球温暖化の影響でしょうか?

寒さが苦手な私には暖冬は大歓迎ですが、地球温暖化となると少し考えてしまいますね。

さて、気を取り直して・・・今回から少しの間「犬と暮らす家」について書いてみたいと思います。


1話 :犬との暮らし<ドッグスペース編>

 昔は犬を飼うというと、大抵が外飼いでしたね。でも、最近の調査では室内飼育犬が全体の8割を超えているそうです。犬がいると、癒されたり、家族の会話が増えたり、家が明るくなったり・・・沢山の楽しみが増える気がします。という私も2年ほど前から犬を飼い始めました。勿論、家飼いです。飼い始めてみると本当に可愛いのですが、色々な事を考えさせられます。最初に考えたのが、犬の住環境です。

 ドッグスペースは犬を迎え入れるにあたって最初に必要になります。犬は「囲われた場所にいたがる」という習性があります。これは祖先が洞穴で暮らしていた名残なのだそうです。我が家の犬も迎え入れて2週間ほどは1日の大半をゲージの中で過ごしていました。ゲージの中は犬にとっての「身を守るための安全領域」です。いくら飼い主を信頼していても苦手な来客や掃除機音やお留守番や飼い主に叱られた後の反省スペースとしてゲージは必要になるでしょう。

 でも、犬は本来群で生活する習性があるので本能的に寂しがりやの一面を持ち合わせているそうです。そこで、ドックスペースは皆が集まるリビングに設けてあげると良いですね。でも、犬用のゲージ、小型犬用でもベットを置いたり、おトイレを置いたりと結構場所を取るんですよね。

 そこで新築やリノベーションをお考えの方は壁を凹ませたり、天井を低くしたりして家具のようなおしゃれなドックスペースを作ってみるのはいかがでしょうか?階段下スペースを上手にアレンジするのも良いですね。

 

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

 

 

◆子育てにオススメの仕様 その2■注文住宅お役立ちコラム(22) 

2020.01.14

woodplusです。

周りでちらほらとインフルエンザの話が出てきました。

どんなに気をつけていてもかかるときはかかるのですが

手洗いとうがいはしっかりとしようと思います。

 

さて前回の続きです。


◆子育てにオススメの仕様

 

<子供がのびのび過ごせるリビング>

 

1Fリビングと和室を広い間口と引き戸でつなぐ

Fに和室などリビング以外の部屋を作る場合、その部屋とリビングを

広めの間口と引き戸でつなぎます。お子様が走り回りたいとき、リビングと

和室の間を開け放せば、1つの大きい開放的な空間ができます。仮に

リビングが15帖、和室が4.5帖だった場合、扉をあけ放つことで約20帖の

空間ができます。逆に、お客様がいらした場合などは、扉を閉じて

来客スペースに使うことができます。

 

・リビングの床の高さを一部変える

床の高さを少し変えることで、同じお部屋の中でも少し独立した雰囲気を

演出できます。少し高くすると、キッチンのお母さまから見ても目が

届きやすくなります。また、少し低くし、地窓からの採光で特別感を

演出することもできます

 

・リビングの床を無垢材で作る

自然のぬくもりを感じ、裸足で気持ち良く過ごすことができます。また

化学物質を使わない健康的な住まいになります。

 

 

戸建ての強みである、「お隣さんや階下の家庭に迷惑をかけることが

少ない」このメリットをお子様のために最大限生かせるよう、間取り構成

などをご相談させていただいています。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

◆子育てにオススメの仕様 その1■注文住宅お役立ちコラム(21) 

2019.12.23

woodplusです。

明日はクリスマスイブですね。

JR高槻駅のロータリーも

有志の皆様によって飾られたイルミネーションがきれいです。

通ることがあれば是非ご覧下さい。


◆子育てにオススメの仕様

家探しをされているお客様が、お住まいの購入を考えられるときに、
初期の段階で迷われることの一つが「マンションにするか戸建てにするか」
だそうです。

私たちはお仕事として、お客様のお住まいを「自由設計の戸建住宅」
という形で作らせていただいていますが、もちろん、マンションにも
「共用部分の管理が楽」「駅に近い場合が多い」といったようなメリットも
あります。

そういった中、先日当社を訪ねられたご家族は、30代のご夫婦と1歳の
お子様の3人家族でした。こちらのご家族のような、いわゆる「子育て世代」の
ご家族は、当社にお問い合わせをいただく中でも最も多い方たちです。

子育て世代のご家族の中で、戸建て住宅をご検討される方たちから、
私たちが最も多く頂戴するご希望の一つが、「お子様がのびのびと
暮らせる家」です。マンションではなく、戸建てをご希望される理由は、
「子供が家の中でも走り回れるようにしたい」ということを多く伺います。

たしかにマンションなどの集合住宅では、階下や隣の部屋のご家族に
気を使い、部屋の中で走り回るなんてことは、なかなかさせられない
ですよね。

その点、戸建て住宅の場合、もちろん限度はありますが、ある程度
お家の中を走り回ったとしても、隣の家までダイレクトに音が響く
という事は少ないです。もちろん階下の別のご家庭に迷惑をかける
という事もありません。

だからこそ、このメリットをさらに活かすため、家中で最も広いリビングの
作りに関してはご好評をいただいている仕様があります。

次回はその仕様をご紹介いたします。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

◆水害にそなえて その2■注文住宅お役立ちコラム(20) 

2019.12.16

今日は洗濯物が乾くのが嬉しいお天気です。

今年は暖冬と言われています。

地震や台風などの被害に遭われた方が

過ごしやすい冬となりますように。

 


さて前回の続きです。

 

 

3.排水溝のチェック

ゲリラ豪雨など、突発的で激しい水害時は、トイレや浴室、さらには

洗濯機などの排水溝から汚水が逆流する「排水溝逆流浸水」が発生し、

室内から泥水が噴き出す恐れがあります。

水のうを1回のトイレの便器に入れる、浴室、浴槽、洗濯機の排水溝の

上に乗せる、といった対応で逆流を防止しましょう。

 

4.自作のハザードマップ

自治体の作成したハザードマップは非常に重要なものですが、それに

加え自前のハザードマップを用意しておくことも大切です。

水害が起きて、避難が必要になった時のために、避難場所までの

マンホールや小川、側溝などの危険箇所をマップ上に示しておくと

良いです。

特に濁流で冠水した場合、危険箇所が見えなくなり、避難途中でふたの

外れたマンホールや側溝に落ちてしまうことも非常に多くあります。

通常の降雨時に避難場所まで歩いてみて、自作のハザードマップに、

雨が降った時の水の流れる方向やマンホール・側溝の場所の目印に

なるものも書き込んでおきましょう。

なお、お家が平屋建てで、ゲリラ豪雨時などに逃げ場所がなくなって

しまうような際には、遠くの避難場所を目指すよりも、隣近所の二階以上に

避難させてもらうほうが安全なので、普段から人間関係を築いて

おきましょう。

 

5.非常用品備蓄

大規模水害時には、水道、電気、ガスなどが止まり、道路が寸断される

可能性があります。

ライフライン途絶を想定し、水、食料、日用品、カセットコンロ、

カセットボンベ、予備電池、防水懐中電灯、携帯電話充電器、医薬品、

ランタンなど、一週間程度暮らせる備蓄を準備しておきましょう。

これらについては、故障の有無など定期的なメンテナンスを行うように

心がけましょう。また持ち出し用の非常用品はすぐに持ち運びができるよう、

一箇所にまとめて保管しておきましょう。

両手を開けて避難できるよう、リュックなどに入れての保管をオススメ

します。

 

災害はいつ何時襲ってくるかわからないものです。

水害に強い家を作ることも当然大切ですが、万が一に備えた準備も、

家づくりの際にアドバイスさせていただいています。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

◆水害にそなえて その1■注文住宅お役立ちコラム(19) 

2019.12.09

woodplusです。

12月も気がつけば半ばに差し掛かってきました。

クリスマスに年賀状、その他諸々…

どうしても気忙しい毎日となってきます。

どうぞ事故などないように、ふと一息つきながら

お過ごし下さい。


◆水害にそなえて

 

以前、ブログで水害に強い家の作り方についてお伝えしました。

 

敷地を高くする、床を高くする、

基礎を高くするといったように、

高さを上げることがカギです。

 

ただ、いずれにしても大規模な工事が必要となり、

経済的な負担も相当なものになりますし、

既に建っている家にお住まいの方にとっては、

工事自体も難しいものとなります。

 

そこで今回は、今からできる水害対策の準備をご紹介します。

 

1.土のう・水のう

土のうとは、布袋に土砂を詰めたものです。

これを積みあげて、水や土砂の流れを止め、

家屋への浸水を防止するので、

水深の浅い初期段階や小規模な水害時には非常に有効な対策です。

低地に住んでいる方は常備しておくのが賢明ですが、

袋いっぱいの土を集めるのは、

特に土の少ない都会ではなかなか大変です。

そういった場合には、40~45リットルのゴミ袋を2~3枚重ね、

水を入れて作る「水のう」も有効です。

水のうを複数個用意し、段ボールに詰めることで

土のう代わりにもなります。

水害被害を受けやすい半地下・地下に玄関や駐車場、

居室があるお家にお住まいであれば、

土のうは常に準備しておくのが良いです。

 

2.止水板

大雨時には、家の出入り口に、長めの板などを設置し、

土のうや水のうなどで固定して、浸水を防ぎましょう。

板がない緊急の場合は、

テーブル・ボード・タンス・ロッカー・畳

などで代用しても良いです。

なお、止水板を購入に対して

補助金を出してくれる自治体もありますので、

お住まいの自治体のHPなどをチェックしてみましょう。

 

続きは次回に。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

◆失敗しない土地探しのために その3■注文住宅お役立ちコラム(18) 

2019.11.17

woodplusです。

 

少し前までは肌寒いなと思う程度だったのが

ここに来て一気に寒くなって参りました。

 

首元や手首足首、首と名のつく場所を暖めると良いらしいので

意識して暖めていようと思います。


以前、住宅を建てる土地を探す際に、大切なポイントとして、
「住むエリアの探し方」をご紹介しました。
住むエリアが決まりましたら、今度は「住む土地」を探していきます。
その際のポイントはどのようなことでしょうか。

【土地の形】
住宅用に整形された土地と違い、変形した土地の場合、その近辺の土地の
相場よりも安い場合があります。変形した土地とは、旗竿敷地(道路に
接する出入口部分が細い通路上の敷地になっており、その奥に家の敷地が
ある形状の土地)や台形・多角形の敷地といったものです。そういった
土地は、ほかの優先順位の高い条件に当てはまったり、家づくりで
工夫したりすれば魅力的な場合もあるので、「変形土地だからダメ」と
除外するのではなく、住宅会社に相談した方が良いでしょう。

【高低差のある土地】
同じ敷地内で高低差がある場合は分かりやすいですが、敷地と道路、
隣地との高低差も注意が必要です。道路や隣地との間に高低差がある
場合は、土を留めるための「よう壁」が必要になりますし、古い
よう壁がある場合は、造り替えたり、建物をよう壁から離して建てる
必要があります。

【上下水道の引き込み】
水道や下水道が家の前の道路には通っていても敷地の中までは入ってきて
いない場合、道路を掘って、つなぐ必要があります。条件によって
異なりますが、大きな金額が掛かることもあります。引き込みが必要か
どうかは確認しておきましょう。

【隣の家の状況】
隣の家までの距離や隣の家の高さを確認することで、ある程度は敷地の
日当たりなどの状況がわかります。ただ、実際には建てるお家によって
状況は変わりますし、また将来的に変化する可能性もあるので、細かい
判断は住宅会社に相談したほうが良いです。”

【敷地の前の道路の幅】
車をお持ちで駐車スペースを作る場合、敷地の前の道路の幅によって、
駐車に支障がないか確認することが必要です。また道路の幅に関しては、
工事の時にも運搬車両が入れるかどうかで、建築費用にも影響がでます。
敷地まで入る道路の幅や、近くに工事用の車両を停めることができるか
どうかもお家の建築費用を考える上では見えおいた方が良いです。

【土地の歴史】
家を建てる場合には、基礎部分が非常に大切です。しかし、さらに
重要なのは、その家の基礎を支える地盤です。そのため、その土地の
地盤の強さを、できる範囲で調べて負うことも大切です。雨の日にその
土地を見て、雨水の流れ具合を調べてみたり、近隣の人に過去の災害の
ことを聞いてみたりしても良いでしょう。過去の災害などについては、
その土地の地名や、インターネットからも調べられます。併せて
ハザードマップなども確認しておくと良いでしょう。

長く暮らしていく土地なので、安心して快適に過ごせるお家を
建てられるよう、念入りに調べておくことをお勧めします。
しかし、調べるにあたっては、専門的な知識が必要な場合もございます
ので、私たちは、お客様と一緒に土地を見させていただくことも数多く
行っています。

 

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

◆窓の種類と機能 その2-2■注文住宅お役立ちコラム(17)

2019.10.11

woodplusです。

 

大型の台風が接近しております。

自然の驚異は計り知れないものがあります。

今回の台風も命に関わる事態です。

皆様どうぞ気をつけてお過ごし下さい。


前回に引き続き、窓の種類と機能をご紹介していきます。

 

・片開き窓

欧米で一般的に使われる窓で、片開きドアのような形状です。

可動域が大きいため、風にあおられて破損しないよう、ストッパーなどを付ける必要があります。

引き違い窓に比べて気密性が高く、ストッパーを付けることで防犯性能も上がります。

 

外開の形の場合、風を取り込みやすいことがメリットですが、

窓を開けるときには、先に網戸を開ける必要があり、夏は虫が入ってきてしまうこともあります。

 

メリット: 引き違い窓に比べて気密性が高い。

ストッパーを付ければ防犯になる。

外開きの場合、外気を取り込みやすい。

デメリット:外開きの場合、開閉時に網戸をどかさねばならず、虫が入ってくることも。

 

 

・両開き窓

両開き窓の場合は、通風などの機能面もさることながら、デザイン的にも開放感があります。

しかし安全面に配慮しストッパーを付けると可動領域が制限されてしまいます。

 

メリット: 引き違い窓に比べて気密性が高い。

ストッパーを付ければ防犯になる。

開放感がある。

デメリット:ストッパーを付けると安全性は上がるが、可動域が狭くなるので開放感が得にくい。

 

 

・突き出し窓

外倒し窓の下側が開き、外側へ突き出すようなタイプの窓です。

開けると庇のようになるので、雨の侵入を防げます。

また、すりガラスやデザインガラスなどを使うことで、開けたときでも外から見えません。

反面、通風は他の窓よりも劣り、また外側に突き出るため、室外にスペースを確保しておく必要もあります。

 

メリット: 開放時でも雨が入ってこない。

型板ガラスなどと組み合わせて外からの視界を遮ることができる。

デメリット:他の窓に比べて、風通しがあまりよくない。

 

 

・引き込み窓

1枚の引き戸状の窓を横方向にスライドさせて開閉するタイプ。

窓を開けたときには、壁の内部に窓を仕舞えたりします。

開放時に窓が見えなくなるため、スッキリした印象になり、大きな窓では開放感が高まります。反面、気密性はやや劣ります。

 

メリット: 窓を開けた際に隠れるため、開放感がある。

デメリット:他の窓に比べて、気密性が低い。

 

 

・ルーバー窓

ハンドル操作で、羽状のガラスを回転させて開閉するタイプで、ガラスの角度は自由に調節できます。

お風呂場やトイレに多く採用されますが、外部からドライバーで羽を取り外せてしまうため、

防犯対策も併せて行うことが重要です。

 

メリット: 開く角度を自由に調整できる。

プライバシーを確保できる。

雨が入りにくい

デメリット:防犯面が弱い

 

 

・オーニング窓

ルーバー窓と似ていますが、こちらはガラス11枚にサッシが付いていて、横長のガラスを24枚ほど、縦に連結した窓です。

サッシがついている分、ルーバー窓よりも気密性が高いですが、逆にルーバー窓と違い、自分で交換することは非常に困難です。

 

メリット: プライバシーを確保できる。

雨が入りにくい。

ルーバー窓よりも気密性が高い。

デメリット:自分で交換するのは難しい。

 

 

・はめ殺し窓(FIX)

窓枠にガラスをはめ込み、固定した窓。

採光と眺望だけが目的で、開閉はできません。

当然通気性はゼロで、壁と比べれば断熱性能も劣ります。

 

メリット: 色々な形状にできる。

眺めが良くなる。

デメリット:換気はできない。

壁材と比べると、断熱性能が低い。

 

 

・ツーアクション窓 (ドレーキップ窓)

ハンドルを90度、もしくは180度ひねって開閉する窓で、縦開き/横開き、内倒し/外倒しなど、様々な形式があります。

構造が複雑なため、外から侵入することが困難で防犯性能が高く気密性能も高いです。

ただし、まだ一般的に普及が低く、値段が高めです。

またカーテンが付けられるかどうか等を、

設計段階で考える必要があります。

 

メリット:気密性と防犯性能が高い。

デザインが格好良い。

デメリット:価格が高い傾向にある。

 

 

・回転窓

窓の中央を軸にして回転するタイプの窓で、家の中から窓の外側を掃除できるメリットがあります。

しかし構造上、網戸を外側には設置できません。

 

メリット: 室内から、家の外側のガラスを拭くことができる。

換気性能に優れる。

デメリット:網戸を外側に付けられない。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

◆窓の種類と機能 その2-1■注文住宅お役立ちコラム(16)

2019.09.06

大阪府高槻市・茨木市を中心とした自然素材の注文住宅のwoodplusです。

ぼちぼちクーラーをつけずに過ごせるかな、と思っていましたが

あっさりと午前中から始動…

 

我慢をして体調を崩すより、身体に素直な生活をしていきます。

 


窓の種類と機能②

 

 

以前ブログの中で、家の窓の「ガラス」についてお伝えしましたが、

窓は形状によって使われ方も異なってきます。

 

 

<デザイン・形状>

窓のデザインや形状は、数多くあります。

窓のデザインや形状を選ぶ際には、デザイン性だけでなく、

空間に適した開閉方法かどうかや、開閉操作の使い勝手、

手入れ方法なども確認しておくことが大切です。

 

また、外からと室内側から両面からの

見え方を検討しておくことも大切です。

 

デザインや形状ごとにメリット・デメリットが存在します。

 

 

・引き違い窓

よく目にする開閉方式で、2枚以上の戸を溝やレールにはめ、

横方向に開閉する、障子や襖と同じ構造です。

ガラス戸、網戸など、複数の建具を重ねることが可能で、

空間の間仕切りにも使えます。

 

メリット: 窓回りをデザインする自由度が高い。

開閉の度合いを調節しやすい。

 

デメリット:外側のガラス面が掃除しにくい。

 

 

 

・上げ下げ窓

引き違い窓を縦型にしたような形の窓で、

2枚の戸を上下にスライドさせて開閉します。

 

外部から侵入することが難しい構造で、防犯性に優れる反面、

やや開閉しにくい作りでもあります。

また、窓の重量を考慮して設計しなければいけません。

 

メリット: 防犯性に優れる。

2枚とも稼動するタイプの場合、通気性が高い。

 

デメリット:窓の開け閉めがしにくい。

外側の面が掃除しにくい。

 

 

 

・縦すべり出し窓

ビジネスホテルなどでよく見かけるタイプで、

窓枠の上下に溝がついていて、この溝に沿わせて戸を押し出す形状です。

 

曇りガラスと組み合わせると、少し空いただけでは外から見えないので、

目隠し効果が高く、トイレなどに効果的です。

また、ストッパーを外せば戸が90度開き、外側の面にも手が届くため、

掃除のときに便利です。

 

メリット: 曇りガラスなどと組み合わせれば外から見えにくい。

外の風を室内に取り込みやすい。

外面の掃除がしやすい。

 

デメリット:開放時に雨が降ると、室内側の面も濡れる。

 

 

 

・横すべり出し窓

縦すべり出し窓を90度回転させた形状で、縦すべり出し窓と違い、

開放時にも雨が入っきにくいです。反面通気性能は縦すべりに劣ります。

 

メリット: 曇りガラスなどと組み合わせれば外から見えにくい。

開放時に雨が降っても、すぐには入ってこない。

 

デメリット:風通しは縦すべり出し窓の方が効率的。

 

 

 

・内倒し窓

水周りの換気用として使われることが多い窓で、

上部を倒して内側に開くタイプです。

曇りガラスなどを使えば、開いたときも外から見えません。

一方、開放時に雨が室内に降り込みやすいことや、

カーテンなどが取り付けられないことが難点です。

 

メリット: 曇りガラスなどと組み合わせれば外から見えない。

室外のスペースを気にせず設置できる。

 

デメリット:開放時に雨が室内に降り込みやすい。

カーテンやブラインドが取り付けられない。

 

 

 

・外倒し窓

火災時の排煙窓として設置されることが多く、

煙を外へ逃がすことに適した作りで、

飲食店の厨房や公共施設などにも使われています。

住宅では、高所での採光や換気に向いています。

 

しかし開放時に雨が降ると、

流れ込むようにして雨が入ってくるので注意が必要です。

 

メリット: 排煙に適している。

曇りガラスなどを使うことで外から見えない。

 

デメリット:開いているときに雨が降ると、室内に流れ込んでくる。

 

 

・・・次回に続きます。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

暮らしやすい間取りのために その2■注文住宅お役立ちコラム(15)

2019.07.09

大阪府高槻市・茨木市を中心とした自然素材の注文住宅のwoodplusです。

 

湿度が高くて蒸し暑い日々が続いていますね。

私たちが子どもの頃より確実に暑くなっている夏…

どうぞ暑さ対策をしっかりなさってください。

 

皆様が少しでも快適に過ごすことが出来ますように。

 


 

暮らしやすい間取りのために2

 

 以前、お家を建てる時の間取りについて、気を付けておきたいポイントをご紹介しました。

(暮らしやすい間取りのために コラム9)

 

家づくりをする上では、こういったポイントと併せて、

ライフスタイルに合わせた部屋の配置が重要となってきます。

 

今回は、部屋の配置について、メリットやデメリットと一緒にご紹介します。

 

 

1.家族とのコミュニケーションを大切にする方へ

~玄関からリビング・ダイニングを通って各部屋へ行く部屋配置

 

玄関から家に入ると、まずリビング・ダイニングがあり、

そこから和室や風呂・トイレ、2階への階段へ通じるタイプです。

2階は子供部屋や主寝室となります。

 

この間取りでは、外から帰ってきて自室に行くときや、

移動の際に必ずリビング(ダイニング)を通るため、

家族で顔を合わせる機会が多くなります。

 

 

そのため、親(母親)が子供達の動きを把握しやすく、

家族の知らない間に外に出ていったり、いつの間にか帰宅していたりということ少なくなります。

 

動線か重なることで顔を合わせる機会が増えるので、家族間でのコミュニケーションが増えます。

 

また、廊下スペースが少なくなるので、その分リビングが広く使えるというメリットもあります。

 

 

ただ逆に、家族がお風呂に行く場合などにも、

家族がいるリビングを必ず通るため、家族1人1人の生活を大切と考えるご家庭には不向きかもしれません。

 

来客者が来た時場合や宿泊する場合に、

生活の中心であるリビングを必ず見られることになり、お互いのプライバシーが守られにくい間取りでもあります。

 

 

 

2.家族一人ひとりの生活を大切にする方へ

~玄関から直接各部屋へ通じる部屋配置

 

玄関から家に入ると、廊下を通り、リビング・ダイニング、階段、和室、風呂・トイレといった各部屋に直接行けるタイプです。

2階は子供部屋や主寝室となります。

 

この間取りは、家族各々のプライバシーを守りやすい部屋配置です。

子供に静かな勉強部屋を与えたい、

親の仕事の時間が不規則なため家族に生活を干渉したくない、など

1人ひとりの生活を大切にしたいと考えるご家族向きです。

 

また、来客があったり宿泊したりする場合にも、お客様のプライバシーが守られやすい構造です。

 

しかし、親が子供たちの行動を把握しづらく、子供が知らない間に外に出たり、帰ってきたりしている、

また廊下が必要なため、その分のスペース確保が必要になる、といった懸念点も出てきます。

 

 

 

3.来客を大切にしつつ家族コミュニケーションも大切にしたい方へ

~玄関から直接リビング・ダイニングと和室へ通じ、

リビング・ダイニングから他の部屋へ通じる部屋配置

 

玄関から家に入るとリビング・ダイニングと和室それぞれに行け、

リビング・ダイニングからを通り抜けて風呂・トイレや2階に通じる階段に行けるタイプです。

2階は子供部屋や主寝室となります。

 

先にご紹介した1.2.のメリットを併せ持ち、

来客を大切にしつつ、家族のコミュニケーションも大切にできます。

ただし、来客が宿泊してお風呂を使う場合や、トイレを使用する場合は、リビングに入らなければなりません。

 

この部屋配置は、応用をきかせることができ、お風呂やトイレは、

来客がリビングに入らずに使えるよう廊下の先に配置したり、

また子供が外から汚れて帰ってきた時に、汚れをリビングに持ち込ませずそのままお風呂に行けるように

玄関からすぐにお風呂だけを配置したりすることもできます。

 

 

これらのように、私たちは当社を訪れるご家族の数だけ間取りは

存在するものだと考え、お客様のこれまでのライフスタイルや、

これから希望するライフスタイルを細かく伺うことで、お客様一人ひとりにとって最適な間取りをご提案できるよう努めています。

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

 

寝室や子ども部屋には日当たりって必要?■注文住宅お役立ちコラム(14)

2019.06.17

大阪府高槻市・茨木市を中心とした自然素材の注文住宅のwoodplusです。

 

昨日、大阪の吹田市で、警察官より拳銃を奪った犯人が逃走するという事件が発生しました。

高槻でも1日中警戒態勢で、様々な行事が中止になったり外出を控えたりで

緊張感が漂っていました。

 

普段は意識していない、平穏な日常のありがたみが響きました・・・

負傷なさった警察官の方に回復を祈るばかりです。

 


※寝室や子ども部屋には日当たりって必要?

 

 とはいえ、日当たりが悪そうな土地に家を建てるとなると、

 どうしても日が当たりにくい場所にもなんらかの部屋を配置しないといけません。

 

そこで、少し考えていただきたいのですが、

寝室や子ども部屋までも南向きの部屋に配置している家がたくさんありますが、

これって本当にそうする必要があると思いますか?

 

よく考えてください・・・

 

あなたは、一体何時に寝室に行きますか?

そして、何時に起きてきますか?

休日は、寝る以外寝室で過ごすことってありますか?

 

 

朝から夕方まで直射日光が当たり続ける子ども部屋で、

果たして子どもたちは、集中して勉強出来るでしょうか?

 

もっと安定した優しい光の方が、 勉強しやすいのではないでしょうか?

 

そして、そもそも子どもたちも寝る時以外ずっと、

基本的にリビングで過ごしているのではないでしょうか?

 

こういった個人が使う部屋は、必ずしも一日太陽が当たり続ける南に配置する必要はありません。

 

日中過ごす時も、明るければいいわけですから、

暗くならないように窓をつくってあげれば、それで充分だったりします。

 

 

 

それゆえ、こういった日当たりが悪い土地の場合、

 必然的に、こうった部屋が南側に配置されるようになります。

 

そして、反射光や天空光をうまく利用して、室内に光を届けるようにします。

 

 このように設計することで、どの部屋も安定して明るい家をつくることが出来、

 かつ、日当たりが良くて開放的なリビングをつくることが出来ます。

 

もちろん、大切なプライバシーも完璧に確保しつつ,あなたにとってベストな間取りが、

 その土地にとってベストな間取りではありません。

 

つまり、間取りはあなたが持つ要望によって決まるものではなく、

その土地が持つ条件によって自ずと決まって来るものです。

  

いつまでも本当に住みやすい住まいをつくるためにも、家づくりの正しい知識をしっかりとつけるようにしてください。

 

そして、正しい知識を持つことこそが、家づくりのコストを最小限に抑えることでもありますから。

 

弊社では、定期的に家づくりに関する勉強会を開催しております。

正しい知識を身につけ、一生に一度の家づくりを楽しみましょう^_^

 

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム