Loading...

NEWS

◆火災保険について■注文住宅お役立ちコラム(4) 

2019.03.11

大阪府高槻市・茨木市を中心とした自然素材の注文住宅のwoodplusです。

8年前、東日本大震災の日。

今生きていられることへの有り難さを感じずにはいられない日です。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

 

今回は火災保険についてのお話です。


◆火災保険について

 

家を建てる際には、ほとんどの方が火災保険に加入しますが、この

火災保険に関してもお客様からご相談をいただくことが多くあります。

 

ちなみに、火災保険への加入は義務ではありませんが、「入った方が

いいの?」と聞かれた場合には「必ず入るべき」とお答えしています。

タバコの火などといった些細な原因であっても、家を全焼してしまうことが

ありますので、必ず加入するべきだと私達は考えています。

 

多くの方が家を建てる際には住宅ローンを利用されますが、住宅ローン

契約時には、金融機関(銀行など)から火災保険への加入を

求められます。

これは、利用者と金融機関の双方を守るために、火災保険が必要であると

考えられているためなのです。

 

なので、火災保険には加入することを前提として考えていただき、加入する

際には「保険の種類」「基本補償の範囲」を考慮すると良いです。

 

まず保険の種類としては、一般的に「建物のみ」、「建物+家財」、

「家財のみ」の3種類から保険商品を選びます。

住宅ローンを組む際に、金融機関から指定される火災保険の条件に、

家財の保険は含まれていない場合が多いので、家財保険付きの補償に

するかどうかは、加入者の価値観次第です。

 

一般的には、子供がいるなど居住人数が多いほど家財保険の必要性が

高く、また、加入者の年齢が高いほど、家財の総額が増える傾向が

あるため、家財保険の設定金額の目安も高くなります。

 

次に、基本補償の範囲に関してですが、火災保険では基本補償の範囲が、

大きく以下の5項目のリスクに沿って決まっています。

 

火災リスク:火災、落雷、破裂・爆発など

風災リスク:台風などの荒天、豪雪、風災、雹(ひょう)などによる外壁・屋根・

窓ガラス・付帯物の損傷補償など

水災リスク:台風、ゲリラ豪雨、大雨などによる洪水や土砂崩れなど

日常災害リスク:盗難、給排水設備の事故による水濡れ、デモによる破壊

行為、外部からの物体衝突など

その他の破汚損リスク:上記以外の損害、汚染等(居住者による過失を

含む補償プランも有)

 

 

具体的な範囲としては「火災」「落雷」「破裂・爆発」「風災」「雹災」「水漏れ」

「水害」「盗難」「衝突」「騒音」などなど、、、といった具合です。

 

一般的な火災保険は、様々な補償がセットされているパッケージ型の

火災保険が多く、一戸建て住宅には必要のないと思われる補償などに

ついても火災保険にセットされている場合もあります。

 

ただ、高台の一戸建て住宅にお住まいの方の場合、床上浸水等の心配は

いらないですとか、水漏れは住宅設備に保証がついているので不要

ですとか、風災は建物だけで家財まではいらないですとか、盗難は家財

だけでよいとかそうしたニーズも多いと思います。

このような場合、例えば通販型の保険だったりすると、カスタマイズ性が

高く、不要と思うリスクを省くことができたりもします。

 

とはいってもやはり対面で加入したほうが安心、という方ももちろん

いらっしゃいます。

 

私達は、建てるお家や土地の状況、そしてお客様のニーズまでを考えて、

火災保険のオススメの基本補償の範囲などについてもアドバイスさせて

いただいています。

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・

注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・

相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・

ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550

・メール:info@wood-plus.jp

・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください