Loading...

資料請求

お問い合わせ

NEWS

ストレージ(収納)を考える   ■注文住宅コラム

2022.01.27

Woodplusです。

年明けから寒い日々が続いていますが、皆さん体調等はいかがでしょうか?

高槻ではコロナウイルスのオミクロン株の感染者が日々増えていて、まだまだ気を引き締めて感染対策をしないけないなぁと思うこの頃です。マスク生活になって早2年。マスクにも慣れてきましたが、やはりマスクを着用しなくてよい日が早く来ることを願っています。

さて、年始1回目のコラムはストレージについてです。ストレージ: Storageと聞くと、パソコンやスマホの記憶容量を思い起こす方が多いかもしれませんが、今回はもう少し語源に近い保管場所に近いニュアンスで書いていきます。家のイメージでいうと、書類棚とか物置棚という感じでしょうか。我が家では何かしたつもりはなくても、ストレージにどんどんと物がたまっていってしまい、いつの間にか溢れて雑然としてしまいます。

前回のソファー購入、設置に先立ち我が家のストレージ戦略を変更しました。すごく雑然としていた物置棚にしていたメタルラックを廃止し、モジュール型ソファーの座面下にあるストレージを使うことにしました。というのも、本棚、テレビ台、メタルラックとストレージがあったのですが、大半の収納物は日頃使っていないものだったためです。日頃使わないものであれば、使いにくいソファーの下に収納しても良いだろうという算段でした。

算段に基づいて整理をすると、出るわ出るわ、要らないものの嵐でした。特に書類が多く、後で見ようと思っていた書類が期限切れになっているものだらけでした。また、読まない書籍や観ないBD、DVDもたくさん出てきました。ほとんどの書籍やビデオは一度見れば、見返すことが少ないので、思い切って処分することにしました。

ふと気づいたのですが、昔はストレージ内に思い出として写真が多かったのだろうと思います。私の昔の記憶でもストレージの一角にはアルバム入れがあり、捨てられない物の代表になっていました。今は、クラウドに電子データを保管するだけで事足りるので、昔に比べれば物理的空間を使う必要がありません。書籍やビデオを処分する決断がすんなりできたのも、KindleやNetflixといったクラウド型のサービスが身近に使えるようになったことも一因です。 そう考えると、ストレージをコンピュータの記憶容量と考える今どきの在り方は納得できます。私の世代では、写真やビデオ、書籍等、狭い日本の家を圧迫してきたモノが無くなりました。私の子供や孫の世代では、コンピューターの発展でもっとモノが無くなり、すっきりとした生活が送れるようになるのかなぁと思います。そして、その時代の進歩についていける自分でありたいと、書類を片付けながら思いました。




高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

「注文住宅まるわかり講座」を開催しました。

2022.01.17

1月16日(日)に安満遺跡公園内ボーネルンドセンターにて「注文住宅まるわかり講座」を開催しました。

今回の「注文住宅まるわかり講座」では

・注文住宅をお得に建てるポイント

・家づくりの手順

・ライフスタイルに合わせた家づくり

などを中心にお話をさせていただきました。

ご来場いただいたお客様方は真剣に時にメモを取りながら聞いてくださり、ご質問もしていただきました。
今回の講座も2組様限定の講座だったこともあり、それぞれのお客様とゆっくりお話ができ有意義な時間を過ごすことができました。

ご来場いただいたお客様、ありがとうございました。

短い時間ではございましたが、お客様方の家づくりへの疑問が少しでも解消できたならうれしく思います。


wood plusの次回のイベントは高槻市大塚町にて完成見学会を予定しております。

完成見学会でも沢山のお客様に出会えることを楽しみにしています。

完成見学会の詳細はこちらからご覧ください。


wood plusでは完成見学会の他にも今後も定期的に家づくり相談会や完成見学会を開催していきます。

コロナ禍の大変な時期ではありますが、新型コロナ感染予防対策を万全にして開催しておりますので、ご安心してご参加ください。お待ちしております!





高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム



高槻えびす祭

2022.01.11

明けましておめでとうございます。

今日は野見神社で行われている「高槻えびす祭」に行ってきました。

朝から雨の予報でしたが、お参り中もご祈祷中も何とか天気が持ち、幸先の良い1年となりました。

今年も「地域で最もお客様思いの工務店であること」をモットーに、お客様と共にお客様の大切な家づくりのお手伝いをさせていただきます。

そして、今年も沢山の方々との出会えることを楽しみにしています。

今年もどうぞよろしくお願いします。


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

完成見学会 開催【高槻市】

2022.01.09

お申込みはこちらから

高槻市大塚町にwood plusの注文住宅が完成しました。

こだわりのたっぷり詰まったお家を是非見にいらしてください。

お待ちしております。

【今回のみどころ】

・こだわりの生活動線

・リビング階段で親子のコミュニケーションが弾む家

・リビングにあると嬉しい小上がり畳コーナー

・吹き抜けで日差しの降り注ぐ明るいリビング

・冬に暖かい家の秘密

・木のぬくもりを感じられる造作家具



ご予約はページ下のお申し込みフォーム、もしくはお電話にて承っております。

  ☎ 072-669-8550

お電話の際には、「ホームページもしくはチラシを見た」とお伝えください。

*新型コロナ感染症対策について*

・業務中は全社員に常時マスクの着用を義務化しています。

・備品等はこまめに消毒しています。

・毎朝の検温を行っています。

リビングの模様替え   ■注文住宅コラム

2021.12.27

wood plusです。

2021年も残すところ5日となりました。先週末から重い腰をやっと上げて、1年の汚れを落とすべく毎日せっせと大掃除をしています。週末から急に寒くなったこともあり、掃除がますます億劫に感じ、こんな事ならもっと早く・・・いやいや日頃からこまめに掃除をしておけば良かった・・・と、これまた毎年思う事ですが、成長をしないですね。きっと来年の今頃も同じことを思いながら掃除をしている事でしょう(笑)。

さて、今年最後のコラムはリビングの模様替えについて書いていきます。我が家のソファーが15年ほど使ったので表張りが痛んできていました。ソファー購入時から幾度か賃貸物件の引っ越しを経て、持ち家に落ち着いたことを機に(これまた重い腰が中々上がらなかったのですが)、我が家のリビングに合うソファーの組み合わせを考えることにしました。

我が家は中古住宅を購入したこともあり、リビングの広さも最近の物件ほど広くありません。そこにダイニングテーブルを置いてソファーを置くと、かなり狭くなっていました。ソファーを小さいものにするか?とも思ったのですが、ぐうたらな私はソファーでゴロンと横になりたいので、小さなソファーを置くという選択は考えられません。そこで色々と検討を重ねた結果、ファミレスのようにダイニングテーブルとソファーを合体させて、ダイニングソファーにすることにしました。

家具屋さんをまわってみると、ダイニングソファーセットがたくさん置いていました。でも、ソファーが想像したより狭かったり、座面が固かったり(食事をすることを考えたら座面が固い方が良いそうです)中々思い描いた物が見つかりません。それで、部屋の形と今持っているダイニングテーブルの大きさに合わせてL字型のソファーを購入することにしました。ソファーはリーズナブルな北欧家具のお店で、モジュールを組み合わせて購入しました。表張りは食卓で使うことを考えて、食べこぼしてもさっと拭ける合成皮革のものにしました。モジュールの組み合わせは部屋の形に合わせられるので、ぴったりと壁一面にソファーを置くことができました。

ソファーを設定したわかったことが2点あります。一つは食卓の脚が邪魔で座りにくい点、もう一つはダイニングテーブル用のソファーではないのでソファーの高さが足りない点です。計画時からの両方とも想定していたのですが、毎日のことなのでちゃんと調整しないと快適な食事とくつろぎ空間になりません。

ここで主人のDIYの出番です。食卓の脚はL字金具で留めているタイプだったので、ネジを外して食卓中央に脚を付け替えました。中央に脚を移動してもソコソコ安定するだろうと楽観視していましたが、すごくぐらつきます。食卓に手をついて立とうものなら、スープがひっくり返るぐらつきです。即効でホームセンターに走り、脚に食卓と同じ幅の底足を付けました。これで、ぐらつきなく、ソファー側も座りやすい食卓になりました。

ソファーの高さは10㎝長いソファーの脚を購入して合わせました。モジュールで組み立てる他のタイプのソファーの脚を使いました。使用する部品のネジ径が同じという、モジュールタイプの家具屋さんの利点です。これで、食事をする時の高さも快適になりました。

しかし、ソファーの高さは快適に座ることを意識しているため、10㎝の高さアップは座り心地に大きな影響が出ました。食事後にソファーでくつろぐために深く座ると足が浮き、体勢に無理が出て腰が痛くなります。オットマン代わりに対面にある食卓用の椅子を使うと、快適に座れます。便利なような不便なような食卓になりましたが、おかげで部屋は広く使えるようになり、ソファーでも寝ころべるようになりました。


今年のコラムはこれでおしまいです。また来年、思いついた事柄を少しずつUPしていきたいと思います。

それでは、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。




高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

年末年始休業期間のお知らせ

2021.12.17

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
さて、wood plusでは下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願いいたします。





年末年始休業:2021年12月29日(水)~2022年1月6日(木)

・2022年1月7日(金)より通常営業を開始いたします。

・本サイト・お電話・メール等でのお問合せにつきましても2022年1月7日(金)以降ご連絡させていただきます。




高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:お問い合わせフォーム

注文住宅まるわかり講座 開催【高槻市】
【受付を終了しました】

2021.12.14

ご予約はこちらから

注文住宅と建売住宅って何が違うの?そもそも注文住宅ってどうやって建てるの?などなど、戸建て住宅に関する疑問は沢山あります。そんな方に是非ご参加いただきたい「注文住宅まるわかり講座」を開催致します。

〈今回の講座ではこんなことがわかります〉

・注文住宅をお得に建てるための5つのポイント!

・賃貸と持ち家どちらがお得?

・お子さまの学費も無理なく捻出できる家づくり

・絶対に後悔しない『お家づくりの正しい手順』


ご予約はページ下のお申し込みフォーム、もしくはお電話にて承っております。

  ☎ 072-669-8550

お電話の際には、「ホームページもしくはチラシを見た」とお伝えください。

*新型コロナ感染症対策について*

・業務中は全社員に常時マスクの着用を義務化しています。

・備品等はこまめに消毒しています。

・毎朝の検温を行っています。

年の瀬のDIY    ■注文住宅コラム

2021.12.14

wood plusです。
年の瀬になり、大掃除へのプレッシャーを感じるこの頃です。合理的に考えると、なぜ年末に大掃除をする必要があるのか?もっと大掃除に適した季節はないか?等、色々と疑問がでます。かと言って、対案もないので日本の伝統、文化に沿って、毎年大掃除はおこなっています。

大掃除の中で、外回りの掃除は寒風に吹かれておこなうため、大掃除の中でも最も気が滅入るものになります。できるだけ寒くならないうちにと思い、2週間前に外構の掃除を行いました。外構掃除の時に危ないなぁと思いつつ、この冬は大丈夫かなぁと放置していた玄関ポーチのタイルが先日剥がれてしまいました(泣)。左官屋さんにお願いをしようかと思ったのですが、ほんの6枚ほど。一念発起して自分でDIY、玄関ポーチタイル剥がれの修理にチャレンジしました。

まず、ネットやホームセンターでタイルの修理方法を探します。簡単にはがれている場合は、タイル用の接着剤を使うとありましたが、我が家の場合は6枚のタイルが基礎のモルタルごとはがれており、本来はプロの方に全面貼り換えいただくのがよさそうな状態でした。以前から一度はモルタル、セメントを使った施工をしてみたかったので、失敗を覚悟でトライしました。

まず、同じ形状のタイルを探したのですが、ホームセンターに売られているタイルの種類は少なく、新品での修理は断念し、はがれたタイルを再利用することにしました。ホームセンターの方にタイルの汚れを取ること、裏面の凹凸がアンカー効果で接着力が増すことを教わりました。タイルの汚れはワイヤーブラシで落とせるのですが、タイルの裏や、側面についている古いモルタルの除去には苦労しました。

その後、モルタルを水で練って下地を作り、その上にタイルを並べます。モルタルを敷き詰める前に土は湿らす必要があると書いてあったので、見よう見まねで水をかけました。水をかけすぎたのか、モルタルがべちゃべちゃになって、ちゃんと固まるか不安になりながらの施工でした。タイルを並べて気づいたのですが、モルタルの中にタイルが埋まらない、沈まないのは意外でした。タイルの上からプラスティックハンマーで叩いたら、少しは沈みました。しかし、横のタイルと比べると5mmは高くなっており、素人仕事が明白な仕上がりになりました。 それでも、翌朝みるとモルタルは固まっており、これまで浮いていたタイルのがたつきはありませんでした。見た目も5㎜の段差はあるものの、さほど悪くありません。日頃から玄関ポーチの掃除をさぼっていたことが功を奏したのか、セメントカスの汚れも大して気になりませんでした。耐久性はこれからの調査になりますが、ひとまず初めてのモルタルDIYは成功ということで、満足のいくDIYになりました。



高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォームEdit

施工事例を更新しました

2021.12.08

京都府桂に新しくオープンした「on egin」様の店舗リノベーション工事を担当させていただきました。

今回の内装はシンプルなデザインで、店内に並ぶ個性豊かなパンを引き立てるようにしています。

外観は明るく可愛らしく、店内が見える窓を前面に配置しました。

道を歩いていても、美味しそうな香りが食欲をそそります。



明るく可愛らしい外装
おいしそうなパンの香りが漂う店内



施工事例の閲覧はこちらこら

高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

★空き巣にご用心10  
 ■注文住宅コラム

2021.11.22

wood plusです。

今日は久しぶりに全国的に雨模様の予報ですね。高槻でも朝からシトシトと雨が降っています。雨なので、毎朝日課の犬の散歩も今日はお休みです。犬も気圧の変化で雨だとわかるみたいで、ベッドで丸くなって寝ています。

さて前回に引き続き、お盆休みにおこった我が家の空き巣事件を書いていきます。

空き巣は計画的であり、計画的に狙われにくい家にするための工夫を書きました。これまでは家の中側の工夫が多かったので、今回は家の外側の工夫を書きたいと思います。

泥棒の心情面に立つと、侵入のために窓やドアを破っている姿を見せるのがリスクになります。このリスクを最大化するようなハード面の対策が有効と言えます。我が家の侵入経路になった玄関は、道路からも良く見えるのですが夜は相対的に薄暗くなり、他より少し見えにくい場所になります。

門灯を付けるのも一つですが、我が家では人感センサー付きのライトをつけることにしました。玄関扉であったり、玄関横のサンルームが照らされるように設置しました。以前、センサーライトを道路側に向けると逆光の効果で逆に泥棒が見えにくくなると聞いたことがあります。センサーライトをつける際にはどこを照らすためにどこに付けるか?が重要になります。

もう一つは、生垣の伐採です。侵入はされなかったものの、リビングの窓ガラスが最初に割られていました。泥棒の心理から考えて一番入りやすかった窓なのは間違いありません。この窓の前には生垣があり、まめに剪定してはいるものの、生垣によって窓ガラスが一部見にくくなっています。そこで思い切って泥棒に割られた窓前の生垣を伐採しました。道路からみて室内が見やすくなってしまい、プライバシー上は少し抵抗ありますが、泥棒よけになると思えば仕方ありません。その代わりに、いつもつけていたレースのカーテンを外からは見えにくいレースのカーテンに変えました。

警察に聞いたところ、泥棒は脚立を使って2階から侵入するケースも多くみられるそうです。その際の脚立は大抵現地調達だそうです。脚立を外にだしているお宅も多いと思いますが、室内に入れる、もしくは鍵付きの倉庫に入れるなど、泥棒の目につかないところに収納をお勧めします。

以上、10回に分けて空き巣被害について書いてきました。少しでも読んでいただいた皆さんの参考になれ、ばうれしく思います。wood plusでは月々の勉強会や見学会を通して家づくりのノウハウを紹介しています。また、いつでも相談会などお客様の必要に応じた相談を文字通りいつでも承っております。家づくりにご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

お待ちしております。




高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

はじめて建てる家づくり勉強会 開催【高槻市】
【受付を終了しました】

2021.11.16

ご予約はこちらか



そろそろ家を購入しようかなぁと思っても、何から考えたら正解か?ピンとこない方も多いのではないでしょうか?

そんな方にこそ聞いてほしい、家を建てるための「い・ろ・は」が沢山詰まった勉強会です。



【今回の勉強会はこんなことがわかります】

1.数ある住宅ローンの中からご自分にあった住宅ローンを選ぶ方法

2.生活費の割合から支払える月々の費用の算出の仕方

3.注文住宅と建売住宅のメリット、デメリット

4.予算内で希望の家を建てる方法

5.wood plusの高性能住宅の秘密


ご予約はページ下のお申し込みフォーム、もしくはお電話にて承っております。

  ☎ 072-669-8550

お電話の際には、「ホームページもしくはチラシを見た」とお伝えください。

*新型コロナ感染症対策について*

・業務中は全社員に常時マスクの着用を義務化しています。

・備品等はこまめに消毒しています。

・毎朝の検温を行っています。

11月13日、14日 構造見学会のご報告

2021.11.15

11月13日、14日に高槻市大塚町にて構造見学会を開催しました。

両日ともお天気も良く、工事中の注文住宅の構造を見ていただくには最高のお天気となりました。

当日は沢山の方に足をお運びいただき、wood plusの高気密・高断熱・耐震の秘密について沢山の質問をいただきお答えさせていただきました。

日頃の座学による勉強会と違って、実際に目で見て、触って、肌で感じていただきながらお話をさせていただき、よりご理解いただけたのではないかと思います。
お忙しい中、足をお運びいただいたお客様、ありがとうございました。

また、何よりも工事中のお宅を快く公開してくださった施主様には感謝しています。ありがとうございました。

こちらの注文住宅は2月頃完成予定です。

完成しましたら完成見学会も予定しておりますので、お楽しみにお待ちください。

wood plusでは今後とも座学による家づくり勉強会や、構造見学会、完成見学会などを随時開催していきます。他にも、お客様のご希望の日程で開催する「いつでも相談会」や「いつでもOG訪問会」を開催しております。ご興味のある方は是非一度ご参加ください。お待ちしております!



イベントへのご参加はこちらから





高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

★空き巣にご用心9  
 ■注文住宅コラム

2021.11.12

wood plusです。

2週間ぶりのコラム更新になってしまいました。2週間の間に季節がかなり進んで、最近では朝晩に暖房を入れてしまいます。今年の冬はラニーニャ現象で厳しい寒さになる予報だそうです。寒い中の年末の大掃除が嫌なので、今から少しずつ大掃除をしていけば良いのですが、中々重い腰が上がりません。

さて,前回に引き続き、我が家におこった空き巣事件について書いていきます。前回は空き巣の侵入経路で弱点となるガラスの強化を書きました。今回は、空き巣が計画的にターゲットを決めていく中で、狙われにくい家にするための工夫を考えていきます。

警察の方にも言われたのですが、空き巣に入るには何度も下見をしているとのことです。下見をされていることを悟られないよう、色々な形で我が家の行動パターンを理解し、留守になるパターンを見計らって泥棒に入ったと考えるべきとのことでした。逆に、車上荒らしのような犯罪は車内をみて、瞬間的に犯行を決意する場合が多いとのことでした。

犯人側の心情にたって考えると、留守であるかどうか?は押し入る上で最も重要な情報となります。逆に言えば、留守であるかを確認する行動は何かしらかあったと思います。この手法として単純に呼び鈴を押してみるという行動が考えられます。営業のふりをすれば、在宅でも「商品の説明です」という体で疑われずに済みます。今回のケースでも、この手法は使われたと思っているため、インターホンをカメラで画像が保存できるタイプの物に置き換えました。

また、室内に人がいる目安としては室内の明かりがあります。被害にあった時はすべての部屋の電灯を消していました。そのため、泥棒からみれば、下調べ時の確認結果も踏まえて、確実に留守になったと自信が持てたのだと思います。 それ以外にも、庭木に紐とか結び付けておいて、住人が気づいて紐をすてるか?等、防犯や変化に気づきやすい家かもチェックしているようです。確かに我が家では細かい変化を注意してみたり、気に掛けることをしてきませんでした。

警察の方にも聞いたのですが、泊りで出かける時にはリビングや寝室の電気をつけっぱなしにしておくことは一定の防犯効果があるそうです。また、玄関や窓廻りに人感センサーの照明を付けるのも一定の効果があるそうですよ。そして、空き巣は出かける際の行動もどこかから見ている可能性があるとのことでした。家の前でボストンバックを車に詰め込んでいたり、長時間にかけて準備をする時は周りに気をかけたほうが良いとのことでした。

安全な日本と思ってのほほ~んと過ごしていましたが、日頃から家の周りに気を付けることは重要と改めて思いました。これから年末にむけて空き巣被害も増えてくるそうです。皆さんも大掃除のついでにでも家の周りを少し点検してみてください。何らかの気づきがあるかもしれません。空き巣に入られると、物が取られて辛いのは勿論、何よりも精神的なダメージが大きいです。弊社では高性能住宅は勿論、防犯を考えた設計も得意なので、お家をご検討されている方、リノベーションをお考えの方は是非一度、お問合せ下さい。


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

施工事例を更新しました 【高槻市】

2021.11.08

10月に引き渡しを行いましたY様邸を施工事例に追加いたしました。

お施主様と何度も打合せを重ねて、お施主様の想いの沢山詰まった素敵な家に仕上がりました。

・ただいま手洗い

・2階リビング

・広い収納スペース

・洗面脱衣所兼ランドリールーム

など、お勧めしたいポイントが沢山ちりばめられています。

是非、一度ご覧ください。

施工事例の閲覧はこちらから


2階南向きの日当たりの良いリビング



高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

いつでもOB見学会 開催【高槻市】

2021.11.08

お申し込みはこちらか


ご入居後のお住まいを訪問して、実際にお住まいのお施主様の生の声や、入居後の自然素材の味わい深い経年変化などを目で見て、触って、感じていただける見学会です。

この度、「OB見学会に参加したいけど、なかなか予定が合わない」

とのお声をいただいて、見学日をご希望いただく「いつでもOB見学会」を開催させていただく事になりました。

お客様のご希望に沿ったお宅にご案内しますので、完全事前ご予約制とさせていただきます。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



〈参加するとこんな事がわかります〉

・ご入居いただいている方の本音が直接聞けます

・家づくりの成功談や失敗談が直接聞けます

・入居後の住まいを体感できます

・メリット・デメリットがわかります

・建てた後のアフターサービスの良し悪しが直接聞けます



予約方法

ページ下の「お問い合わせはこちらから」よりお申込みいただくか、電話にてお申込みください。

  ☎ 072-669-8550

※お電話の際は、「ホームページもしくはチラシを見た」とお伝えください。


お申し込みはこちらから


Y様邸 お引渡し式を行いました。【高槻市】

2021.11.01

10月30日(土)にY様邸のお引渡し式を行いました。

当日は秋晴れの良い天気で、まさにお引渡し日和で、暖かい素敵なお引渡し式となりました。

お引渡し式では、お祝いの言葉の後に施主様によるテープカットをしていただき、

鍵のお引渡し及びに使用説明させていただき終了となしました。

何度も打合せを重ねて、この日をめでたく迎えることができたこと、スタッフ一同うれしく思っています。

Y様のこだわりが沢山詰まったこの家と共に、ご家族皆様の素敵な思い出がたくさんできますことを祈っています。

お家は引き渡しをしてからが長いお付き合いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

お引渡し、誠におめでとうございました。

ご家族皆さんでお引渡しの記念撮影風景


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォームEdit

構造見学会 開催【高槻市】
【受付を終了しました】

2021.10.30

お申込みはこちらか

家は完成したら見えなくなる部分こそとても重要です。

だからこそwood plusでは土台・基礎・構造にこだわりと自信を持って造っています。

この機会にwood plusの土台・基礎・構造を目で見て、触れて、感じて下さい。


【今回の見どころ】

・高断熱性能(ダルトフォーム使用)

・高気密性能(全棟気密測定実施)

・高換気性能(熱交換型換気システム導入)

・高耐震性能(基準の1.5倍強の耐震等級3)

・耐震プラス制震(制震ダンパー X-WALL使用)



ご予約はページ下のお申し込みフォーム、もしくはお電話にて承っております。

  ☎ 072-669-8550

お電話の際には、「ホームページもしくはチラシを見た」とお伝えください。

*新型コロナ感染症対策について*

・業務中は全社員に常時マスクの着用を義務化しています。

・備品等はこまめに消毒しています。

・毎朝の検温を行っています。




★空き巣にご用心8  
 ■注文住宅コラム

2021.10.28

wood plusです。

今週は先週がうそのように暖かい日差しに包まれた1週間ですね。

先日久しぶりに遠出をして亀岡のコスモス園にワンコを連れて行ってきました。暖かい日差しの中、満開のコスモスと面白い案山子に癒された一日でした。

さて、前回に引き続き、お盆休みにおこった我が家の空き巣事件を書いていきます。我が家の侵入経路からガラス窓、扉のガラス部分が防犯上の弱点であることを書きました。今回は、警察の方や警備保障の方に教えてもらったガラス部分の防犯強化に関して書きます。

一つ目は、ガラスの枚数です。シンプルにガラスの枚数分だけ、割るのに手間がかかります。実際、我が家の事件のケースでも、リビングの窓が割られていたのですが、二重窓の外側を割った時点であきらめた痕跡がありました。割るのが大変で侵入をいったんは断念したのだと思います。

あわせて、ガラスの種類も重要とのことです。防犯ガラスという種類があってガラスが割れても内側に強度の高いフィルムがはっており、簡単に穴が開かないようです。二重ガラスで防犯のものを入れるだけで、侵入の弱点であるガラスの強化はできます。窓に関しては、面格子をつけることで侵入は難しくなるようです。面格子も外すことはできるのでしょうが、時間がかかるため外されて侵入される可能性は低いとのことでした。

一方で、雨戸は防犯上あまり有効でないと聞きました。雨戸自体を外すことが比較的容易であるためだそうです。確かに我が家の空き巣事件をご近所さんにお話ししていると、数年前に空き巣が入った近所のお宅では雨戸をはずして泥棒が入ったそうです。

被害が少なかったとしても泥棒に侵入されたら、それだけで心の負担になります。今でもふっとした時に思い出しますし、夜寝ているときに侵入されたらどうしよう・・・と不安になることもあります。防犯対策はするに越したことはないです。弊社は住宅のプロなので、防犯対策のための家の改修やリフォーム、リノベーション、また防犯対策をした注文住宅など、住宅に関して色々なアドバイスができます。お困りの事がありましたら、是非、一度お問合せください。


お問い合わせはこちらから



完成見学会のご報告

2021.10.25

wood plusです。

10月9・10・17・23・24日に高槻にて弊社施工の注文住宅の完成見学会を行いました。

今回はご好評に付き5日に分けて開催いたしました。

どの日も沢山のお客様にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。

お忙しい中足をお運びいただいたお客様、新築をオープンハウスとしてご提供してくださいました施主様には感謝申し上げます。

ありがとうございました。

足をお運びいただいたお客様からは色々なお話をお伺いすることができ、また弊社のお家に対する思いなどもお聞きいただき、有意義な時を過ごすことができました。今回のオープンハウスは和のテイストを持ったシラス壁の外壁に、内部は生活動線を重視しスッキリとコンパクトにまとまったお家となっております。ご覧いただいたお客様のお家づくりの参考になりましたら幸いに思います。


wood plusでは今後も家づくり勉強会や構造見学会や完成見学会を通してお客様の家づくりのお手伝いをさせていただきます。イベント情報は随時ホームページにて公開いたしますので是非ご覧ください。

イベント情報はこちらからご覧いただけます。


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

祝!手形式

2021.10.18

wood plusです。

K様邸では先日一足お先に棟上げが行われたので、10月17日(日)にご家族そろっての手形式を行いました。

当日は全国的に前日までの気温が嘘のように肌寒い一日になりましたが、時折暖かい日差しが差し込みお祝い日和になりました。



wood plusでは柱など基本的な構造が組み上がった後に、手形式や上棟のお祝いを行います。

手形式では、手に絵具を付けていただき、文字通り柱に手形を押したり字を書いたりします。

ご家族の皆さんが楽しみながら手形を押してくださっているのが印象的でした。

手形は家が完成すると見えなくなってしまいますが、お施主様の家づくりの思い出の1ページになっていると嬉しいです。そして棟札と一緒にこれから無事に工事が完了するように、また何よりK様ご家族の健康を見守ってくれることを願っています。


完成に向けて気を引き締めて1つ1つ丁寧に造り上げていきます!

完成まで暫くお待ちください!!

最後にご家族で記念撮影。


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

★空き巣にご用心7  
 ■注文住宅コラム

2021.10.13

wood plusです。

猛威を振るっていたコロナウイルスも随分落ち着いてきましたね。緊急事態宣言も解除されたので、色々と自粛していたことを少しずつ再開しようと思っています。

さて、前回に引き続きお盆休みにおこった我が家の空き巣事件を書いていきます。家族中がドラマ「ハコヅメ」のファンであることもあり、事件を通じてお世話になった警察のことを書きました。今回は警察の方のアドバイスも含めて、侵入される窓、扉の防犯に関して書きます。

このシリーズの1回目で書いた通り、泥棒は堂々と玄関扉を破って侵入してきました。3年ほど前にリフォームして、頑丈な玄関扉にしておいたのですが破られてみると弱点があったとわかりましたし、その弱点を補強する設計をちゃんと実行できてなかったことを反省しました。

まず、玄関扉がどうやって破られたのか、詳しく説明します。我が家の玄関ドアは一般的な親子扉の仕様で、子扉側に明かりとりの縦長のガラスが入っています。断熱性を考えてペアガラスの明り取りだったのですが、ここが割られました。鍵は2か所上下に配置しているのですが、その真横を2か所割られており、そこから手を入れてサムターンを手で回し侵入されました。破られるまでは子扉の明り取りが侵入のきっかけになるなんて思いもよらなかったのですが、破られてみると確かに弱点だと思いました。

この弱点を考えて、メーカーの方で玄関扉のサムターンにはサムターン回しの対策が施されていました。具体的にはサムターンが内側から抜けるようになっていました。リフォーム時に施工業者からはサムターンが内側から抜けるようになっていると聞いていたのですが、まさか狙われるとは思いもよらず・・・「後悔先に立たず」とはこのことですね。我が家がこれを実施していれば、明り取りから手を入れてもサムターンが回せず、玄関からの侵入を食い止めることができたのかもしれません。

警察の方に聞くと、空き巣の大半はガラスを割って侵入するそうです。確かにピッキングとか特殊な技能を習得するより、ガラスを割って入る方が簡単です。ガラスが割れると大きな音がする印象ですが、我が家の事件の日のように大雨であれば気にならなないと思います。いずれにせよ、ガラス部分は防犯上の弱点と理解して、防犯対策をしていく必要があると思いました。

次週につづく・・・


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

K様邸 上棟しました

2021.10.11

wood plusです。

10月8日(金)にK様邸の上棟を行いました。

10月とは思えない暑い日になりましたが、青空の元、無事に上棟することができました。

午前中に大工さん、応援の大工さんが来て下さり棟上作業スタート。

間近でみていると大工さんたちが、次々と組み上がっていく構造体にひょいひょいと登っていき、テキパキと無駄なく働く姿に惚れ惚れしました。大工さんたちの手際の良さ、段取りの良さ、息の合ったコンビネーションのおかげもあり、あっという間に組み上がりました。




これから本格的に造作工事が始まります。施主様には完成までもう少しお待ちいただきますが、工事担当者、大工さん、左官屋さんなど協力業者の方々と一緒に丁寧に作業を進めてまいります。

K様の想いのこもった家、今から完成が楽しみです!

今後も完成までの様子はこちらのHPで少しずつ紹介させていただけたらと思っています。

最後になりましたが、K様、上棟おめでとうございます。今後ともよろしくお願いします。


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

★空き巣にご用心6  
 ■注文住宅コラム

2021.10.04

wood plusです。
10 月になりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。昼間の気温は30度を下回らないとか・・・。洗濯物は短時間でカラッとパリッと乾きそうで、主婦にとってはそこのところはありがたいですね。

暑いと言ってもスーパーに行くと、栗や南瓜や柿や梨など秋が旬の野菜や果物を目にするようになり、秋の深まりを感じるこの頃です。

さて前回に引き続き、お盆休みにおこった我が家の空き巣事件を書いていきます。まだまだ空き巣については思うことが山ほどあるので、このお話は次週以降ももう少し続くと思います。お付き合いくださいね。

前回のコラムで意外にもATMや窓口で顔を晒しても現金化しようとする泥棒の行動をかいてきました。今回は警察とのやり取りで感じたことを書きます。以前にも書きましたが、当日のやり取りは3時間かかり5~6人の警察官、刑事の方々が現場検証、調書の作成に来てくれました。その後、日を改めて金融関係の被害が犯人捜査に有効であるため、何度か連絡を取り合いました。皆さんも経験されるとわかるのですが、思い出せなかった盗難品を後から気づいたり、思い出したりすることがあって、似たようで微妙に異なる説明を何度もすることになります。これを理路整然と説明しないといけないのですが、警察では対面や電話で話したことを基に調書を作成するため、状況説明をわかりやすく口頭で伝える必要があります。


盗難品をリスト化して、E-mailでやり取りするようなやり方が一般人にはやりやすいと思いリスト化したものをお渡ししたのですが、機密上の点からは難しいのでしょうか、再度口頭での説明を求められました。 調書を書いてもらった後は、捺印して本人が同意したことを証明する必要があります。ハンコレスの社会が進んでいる中で、割り印などハンコを持ち歩き押すという行為を久しぶりにしました。

余談ですが、子供がドラマ「ハコヅメ」のファンで毎週欠かさず見ていました。ドラマの中のテッパンネタで刑事と言えば「ゴリラ顔」・「こわもて選手権」・「しょんぼりリーゼント」等、独特の風貌が面白おかしく描かれていたので、子供は初めて間近で見る警察官や警察署の雰囲気に興味深々でした。残念ながら(?)、普通の見た目の方ばかりで、「高槻にはハコヅメに出てくるような警察官は居なかった」と少し拍子抜けしていました。もちろん、武道か何かは訓練されているらしい体つきの方々で、泥棒と対峙すればすぐにギャフンと言わせてくれるのだと思います。

次週につづく・・・


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム

★空き巣にご用心5  
 ■注文住宅コラム

2021.09.27

wood plusです。

シルバーウィークが終わりましたが、皆さんシルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?

私は娘の洋服を買いに少し出かけました。子どもも成長期に入ると親が思う以上にムクムクと成長するもんですね。後1年もつかなぁと思っていた秋服のズボンやトップスがつんつるてんに…。最近めっきり秋めいてきたので、慌てて買い物に行きました。コロナ禍の買い物なので、なるべく人の少ない時間にと思い、朝早い時間に出かけたのですが、やはり凄い人出で人酔いしてしまい買物もそこそこに退散しました。また子どもとの久しぶりの外出だったので、もう少しゆっくりしたかったのですが、まだコロナ禍の自粛中なので断念。コロナが早く終息してマスクを外して気兼ねなくショッピングする日が来ることを願っています。

さて、今週も前回に引き続き、お盆休みにおこった我が家の空き巣事件を書いていきます。

警察の現場検証後、金融資産の凍結で夜中4時頃までかかったところまで書きました。今回は、翌日以降の連絡で分かってきた事実も含めて、金融資産被害に関して書いていきます。

前回書いた通り、クレジットカードの不正使用、キャッシング未遂が計5件ありました。実行した場所を特定し、警察に防犯カメラ映像をみてもらって犯人逮捕につなげたい気持ちでした。その思いでクレジットカード会社に詳細を質問したのですが、詳細は提携のお店でないとわからないという事でした。もどかしさもあったのですが、数日後に場所が特定でき、警察からもクレジットカード会社に照会が入って、場所は特定されたようです。以降、警察からは連絡ないので、残念ながらまだ犯人逮捕には至ってようですが・・・。

ここでクレジットカードのキャッシング未遂を考えてみます。私の常識では顔が防犯カメラに映るのは間違いなく、後々警察に追われることは間違いないと思っていました。しかし、今のコロナ禍ではマスクが日常となるため、メガネと帽子をセットすれば人相がわかりにくいのですね。悔しいですが、犯人も考えています。

一方で暗証番号に挑戦するという事は、他に盗んだ身分証明書から暗証番号を類推しようとしたことになります。当たり前ですが、暗証番号を誕生日とか、わかりやすくするのは勿論、暗証番号を示唆するものを持っていてはダメですね。 また、後日わかったのですが、子供の郵便貯金の通帳から現金が引き出されていました。どうも、一緒に盗んだ主人の健康保険証を本人確認資料として提出し、盗んだ印鑑と通帳で窓口で引き出したようです。後で警察の方に聞いたのですが、健康保険証は泥棒が最も使いやすい身分証明だそうです。確かに子供の口座からお父さんが引き出すのは自然です。しかし、大胆にも窓口で現金を引き出す泥棒には驚きました。私なら顔を晒すことを嫌がると思ったのですが、犯罪者は別の心理状態なのかもしれませんね。

次週につづく・・・


高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。
・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォーム