Loading...

資料請求

お問い合わせ

NEWS

地震対策してますか?  ■注文住宅コラム

2022.04.25

wood plusです。

今日は夏日ですね。

高槻ではお昼には29度まで気温が上がるそうです。まだまだ体が気温の変化についていけていない時期です。こまめに水分を取り、無理をせず休憩を取りながらな熱中症にならないようにお気を付けください。

さて、今回は地震対策について思うことを書いてみようと思います。最近、日本各地で地震が起きています。高槻でも震度2や3の地震が頻発しています。地震に強い耐震性のある家に住むのは勿論の事、家の中でも地震対策をしないといけないなぁと思うこの頃です。

現在新築で建てている家はいくつもの震災を経て、建築基準が整備されてきており、これに則した住居になってきているので耐震性を確保できていると思います。また1985年以前に建った家については耐震補強をする際には市から助成金がでるので、耐震補強を検討されている方は、市に問い合わせをしてみると良いかと思います。勿論wood plusでも耐震補強工事をしていますので、耐震について不安のある方はお気軽にご相談ください。


しかし耐震性のある家に住んでも、家の中の地震対策を怠ると危険です。そこで家具の固定など、震災時の危険を避ける工夫も必要です。ホームセンターなどでもいろんな耐震グッズが出ていますので、ご自分の家に合った耐震グッズを活用して家の中の耐震を見直してみてはいかがでしょうか?という私も、改めて家具の固定点検をし、耐震について見直してみようと思っています。

危険を未然に防ぐことも重要ですが、実際に被災した後にどうするか?という点も重要です。電気や水といったライフラインが寸断されることを視野に入れて、備蓄も必要です。カセットコンロのボンベもあると安心だと思います。

もう一歩踏み込んで、被災直後の事態を考える必要もあります。特に、最も油断している就寝時に発生した場合への備えも必要です。先日、Youtubeで枕元に置いておくべき防災グッズとして、履物と笛を取り上げていました。被災した時には床に割れたガラスを含めて散乱しているので履物は必須とのことでした。また、万が一動けなくなった時に助けを呼ぶ手段として笛が役に立つそうです。



高槻市・茨木市の地域密着の工務店がいいな・・・
注文住宅の相場ってどれくらいだろう・・・
相場よりも安い注文住宅を建てたい・・・
ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:072-669-8550
・メール:info@wood-plus.jp
・弊社ホームページのお問い合わせフォームEditEdit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください