Loading...

自然素材の家づくり

あなたの建てる家
空気は安全ですか?

室内の空気環境は日々刻々と変化しています。
目に見えない「空気」だからこそ「目に見える形」での安心を。
家族みんなが快適で健康的な毎日を送るためにも安全で快適な家づくりをしましょう。

シックハウスの主な症状

せき・くしゃみ・喘息・のどの痛み
頭がいたい・ボーっとする・偏頭痛・興奮・めまい・眠気・集中力の低下
耳鳴り・不整脈・動悸・じんましん・しっしん・肌荒れ・かゆみ・乾燥肌
目の痛み・充血・口が渇く・吐き気・食欲不振
下痢・便秘 など様々な症状で現れます。

ウッドプラス安全で
快適な家づくり
を行います

内装材・仕上材 (標準仕様)

無垢フローリング

素足でも快適に過ごせる無垢フローリングをはじめ天然素材のフローリングを取り揃えております。

自然素材のシラス壁

南九州火山帯の火砕流が堆積したマグマ由来の火山噴出物です。

珊瑚のいぶき

風化造礁珊瑚をはじめとした沖縄に由来する3つの成分から生まれたやさしい壁材です。

ヘルシーカラー

珪藻土を主成分にした内装用塗り壁材です。24色からお好みの色を選べます。

織物の壁紙

薬品処理を施していない綿、麻、絹などの織物系壁紙「織物の壁紙」

押入

目立たない場所だからこそこだわりたい。押入の中にも自然素材が使われています。

シュクレ

岡山産の厳選された漆喰が主成分。
火に強く、熱を反射し、暑さを和らげます。

エコフリース

パルプ等が主原料。不織布に水性塗料を工事塗装した壁紙です。安全且つ施工性◎
ほこりをほぼ寄せ付けません。

キッチン

Lixil、シエラ

「耐震等級3」相当を実現
スーパーストロング構造体バリューの「安心基準」
其の答えは、「耐震等級3」相当の設計検査にあります。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

  • 耐震等級3相当の ” 相当 ” とはどういう意味ですか?
  • 住宅性能表示制度の 「 耐震等級3 」 は公的な第三者機関による評価が必要になります。 スーパーストロング構造体バリューではLIXILが評価を行っているので住宅性能表示制度と区別し「 耐震等級3 “相当” 」 と表示していますが、「 耐震等級3 」 に必要な6項目※に関しては全て同じ内容で評価をしています。
    スーパーストロング構造体バリューを利用して公的な第三者機関の評価を受け「 耐震等級3 」 の評価を取得するメニューもご用意しています。

耐震等級3相当の強さの理由

壁が強い

建築基準法

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。
※1階の広さにより必要な壁の量を算出します
(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。
※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

施工事例一覧へ